THE HUNT | TARO TAMAI

John Montesi

PHOTOS: Max Houtzager, Rob Schanz, Amado Stachenfeld

VIDEO: Amado Stachenfeld

LOCATION: Hokkaido, Japan

“With your own body- your skin, veins, and blood- their relation to each other is essential to preserve the balance of the whole.” -Taro Tamai

Taro Tamai sees the entire world as worthy of interaction and deep consideration. He discovered his love for the earth and everything in it through the intimate contact points that most resonate with him. Through fishing, surfing, and snowboarding, Taro engages deeply with his surroundings, drawing inspiration from each of his pursuits that have led to unique approaches on snow and sea. He is drawn to challenging and paradoxical circumstances — cold, empty swells and spring snow and reluctant fish that have grown large with their wisdom. The earth presents roads less travelled with a subtle, nuanced beauty. Taro always takes these roads. His snowboards are not just iconoclastic; they’re a pure expression of everything he believes to be true about the opportunities the mountains provide, tangible pieces of his well-refined philosophy on life.

玉井太朗という人物は、世界全体が、交流や深い考察に値するものだと考えている。地球と地球上のあらゆるものに密接に関わるうちに、彼の心に強く響くものがあった。その結果、地球全体が好きになったという。フィッシング、サーフィン、スノーボーディングという趣味のそれぞれからひらめきを得ることで、太朗は周囲の自然や生き物と深く関わっている。また、それらの趣味が雪や海に対する独自の取り組み方につながっている。冷たくて誰も乗っていない大波や春に降る雪、頭を使って大きく成長しなかなか動かない魚といった、難しく逆説的な状況に関心を持っている。ごく微かな美しさを持ちながらも、あまり探求されていない道が地球には存在する。太朗は常にそういった道を選んできた。彼のスノーボーディングは単に因襲を破るだけではない。山々が与えてくれるチャンスや、人生に対し非常に洗練された自身の哲学の明確な部分に通ずるであろうあらゆるものを、純粋に表現しているのである。

See Taro’s photos in Terasu Vol. 02 Connective Tissue and Gentemstick boards on our webstore.